• BackpackFESTAは日本最大級の旅イベント。
    今年のテーマは「旅人になった日」です。

    沢木耕太郎の深夜特急を読んで旅に出るのを決意したときのように。
    高橋歩のWORLD JOURNEYを読んで脳みそがスパークした日のように。

    世界を旅した著名人による心震えるトークライブ。
    思わず旅中に口ずさみたくなる音楽ライブ。
    世界一周をかけた胸躍るプレゼンコンテスト。
    当たったらもう旅に出るしかない豪華抽選会。
    参加者もゲストもごちゃまぜの交流会。

    このイベントがあなたの「旅人になった日」になることを願って。

    毎年、BackpackFESTAをきっかけに旅に出る人はたくさんいます。
    これから旅に出る人やまだ旅に出たことがない人にとって、この日が旅の始まりの日「旅人になった日」となり、今後の人生のターニングポイントとして思い出してもらえるような時間にできればと思っています。

PLACE

全国9都市とタイで開催決定!

    • 札幌

      SAPPORO

      札幌会場

      日時:2018年12月16日(日)

      開場:13:00 / 開演:15:30

      場所:道新ホール

      定員:700名

    • 仙台

      SENDAI

      仙台会場

      日時:2018年12月23日(日)

      開場:13:00 / 開演:15:30

      場所:日立システムズホール仙台

      定員:580名

    • 広島

      HIROSHIMA

      広島会場

      日時:2018年12月27日(木)

      開場:13:00 / 開演:15:30

      場所:アステールプラザ

      定員:550名

    • 沖縄

      OKINAWA

      沖縄会場

      日時:2018年12月28日(金)

      開場:13:00 / 開演:15:30

      場所:てだこホール

      定員:1000名

    • 名古屋

      NAGOYA

      名古屋会場

      日時:2019年01月04日(金)

      開場:13:00 / 開演:15:30

      場所:アートピアホール

      定員:700名

    • 高松

      TAKAMATSU

      高松会場

      日時:2019年01月06日(日)

      開場:13:30 / 開演:15:30

      場所:サンポートホール高松

      定員:300名

    • 高松

      TAKAMATSU

      高松会場

      日時:2019年01月06日(日)

      開場:13:30 / 開演:15:30

      場所:サンポートホール高松

      定員:300名

    • 大阪

      OSAKA

      大阪会場

      日時:2019年02月15日(金)

      開場:12:30 / 開演:15:30

      場所:グランキューブ大阪

      定員:2800名

    • 東京

      TOKYO

      東京会場

      日時:2019年02月20日(水)

      開場:12:30 / 開演:15:30

      場所:神奈川県民ホール

      定員:2400名

    • 福岡

      FUKUOKA

      福岡会場

      日時:2019年02月25日(月)

      開場:13:00 / 開演:15:30

      場所:アクロス福岡

      定員:1800名

    • タイ

      THAILAND

      タイ会場

      日時:2019年03月04日(月)

      開場:未定

      場所:会場未定(バンコク)

      定員:500名

※各会場の終演時刻は19時頃を予定しております。イベントの進行状況によっては終演時刻が前後する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

GUEST

世界を旅したゲストたち

  • SchoolWith代表 太田英基

  • 旅する絵本作家 リックスタントン

  • 旅するクリエイター KEI

  • アーティスト モン吉

  • ネパール日本人 たけなかしゅん

  • アーティスト ワタナベシュウヘイ・マナミ

  • 旅するエンターテイメント集団 LES WORLD

  • シンガーソングライター 根のシン

  • プロブロガー あんちゃ

  • プロ無職 るってぃ

  • 瀬戸内サニー株式会社代表取締役船長 大崎龍史

CONTENTS

BackpackFESTAの楽しみ方

  • 開場時間には会場へ!

    BackpackFESTAは早く来場すればするほど、たくさんのコンテンツが楽しめます。開場前から行列ができることもしばしばありますが、それもまた旅。できるだけお早めにお越し下さい♪

  • ロビーコンテンツを
    楽しもう

    開場するとすぐにロビーコンテンツが始まります。気になるブースを回ったり、トークライブを聞きに行ったり、世界一周の相談会に参加したり、旅先で会った友人と再会したり。イベントが始まる前からワクワクが止まらない!!

  • 席に座ってスタンバイ

    開演時間が近づくとホールが開放されます。座席は自由席で早いもの勝ち。席についたらパンフレットに目を通し、ワクワクした心でオープニングをお待ち下さい!

  • オープニング!

    みなさんが席に着いたらメインイベントが始まります。照明が落ち、BGMが流れ、ワクワクと緊張が走ります。ゆっくりお楽しみ下さい!

  • 世界一周航空券をかけた
    熱いプレゼン対決!

    毎年恒例の世界一周コンテストDREAMの決勝プレゼン。予選を勝ち抜いた学生たちが世界一周への熱い想いを語り、参加者の投票によって最優秀賞が決まります。最優秀賞の方にはなんと!世界一周航空券を贈呈します!

  • 世界を旅したゲストの
    ココロ躍るトーク

    世界中を旅した愉快なゲストによるトークライブ。彼らの「旅人になった日」はどんな日だったのか。そして旅の経験がどう今の人生に活きているのか。一言一句聞き逃せません。

  • 豪華ゲストによる
    トーク/音楽ライブ

    テレビで見たことのあるあの有名人、あのアーティストも旅をしています。超豪華なゲストの旅の話が聞けるのもBackpackFESTAの特徴です。音楽ライブでは、全員で飛び跳ねて盛り上がりましょう!

  • 豪華景品が当たる抽選会

    カメラや航空券、バックパックなどが当たる大抽選会。最大の特徴はその当選確率です。毎年3~4人に1人くらいの確率で旅に行きたくなるグッズがもらえます。ポイントは大声で叫ぶこと!?

  • 参加者交流会での
    新しい出会い

    ステージイベントが終了すると、会場を移して参加者交流会が行われます。登壇ゲストやTABIPPOスタッフも参加し、みんなで旅の話に花を咲かせます。旅仲間を作りたい人、もっと詳しくゲストの話が聞きたい人は参加必須です。

VOICE

参加者の声

  • 今村日菜子

    東洋英和女学院大学

    ロビーでは旅に関する企業のブースがあり、海外に興味があった私にとってはどれも魅力的で楽しかったです。けど、何より楽しいと思えたのは、仕事をしてた同じ学生の運営スタッフ一人一人が、キラキラして見えたことです。また、各種コンテストの出場者の話を聞き、すごく圧倒させられました。私の友人は、実際に留学の相談に乗ってもらったりもしており、海外に興味のある人や旅をする人にはもってこいのイベントだと思いました。

  • 伊藤大河

    九州国際大学

    2,000人規模のイベントは初めてで、行く前からすでにわくわくしていました。当日も会場入りしてすぐにたくさんのブースがあり、スタンプラリーや本の紹介コーナーなどがあって楽しめました。世界一周コンテストDREAMの決勝では、自分と同じ学生が世界一周への想いを語り、これからどれだけすごいことに挑戦しようとしているか目の当たりにできて刺激的でした。音楽ライブも会場が一体となり、とても楽しい思い出になりました。

  • 山下詩歩

    九州栄養福祉大学

    先輩に誘われあまり期待せずに行ったBackpackFESTA。会場に入った瞬間、世界の絶景のポスターが階段や壁一面に貼られてあったり、民族衣装が着れるブース、世界一周した人のトークショー、シビれるぐらい感動したプレゼンテーション、いろんな国の写真や動画などに魅了され、あの数時間はまるで違う世界に飛び込んだようでした。良い意味でわたしの期待を大きく裏切るイベントでした。同時に、このイベントを通して行きたい場所とやりたいことが増え、今のわたしの人生はワクワクでいっぱいです!

  • 景山歩

    鳥取大学

    BackpackFESTAの会場の装飾や熱気、音楽など旅好きならではの雰囲気がとてもワクワクしました。そして自分もエントリーした世界一周コンテストDREAMで出会えた仲間達がその会場で披露したプレゼンに、心を打たれっぱなしでした。僕が連れて行った友達も「海外って面白そう!」「旅ってめっちゃいいな!」と言ってくれて、とても嬉しかったです!このイベントは人の心を動かす力があります。そしてこれから、もっとたくさんの人に感動と夢を届けて欲しい。少しでも多くの人に訪れて欲しいと思っています。

  • 牧綾香

    山口大学

    イベントに参加したきっかけは些細なことでした。大学の友達に「豪華な景品が当たるらしい」と誘われ、何となく行くことを決めただけでした。しかし、いざ開演すると世界中の絶景ムービー、世界一周経験者のトーク、そして世界一周航空券をかけたコンテスト。全てが新鮮で、その場に居合わせただけなのに、鳥肌がたつほど感動していました。その帰り道に私は、海外に一人旅に行くことを決め、2ヶ月後には初めての海外一人旅へ。そして、大学を卒業した後には世界一周に行きます。

  • 瀧宮悠佑

    近畿大学産業理工学部

    学校が退屈で何か新しいものを探していた時に、偶然友だちのSNSで見つけたTABIPPOのイベント。1人でイベントに行ってみると、旅に出たくなるようなコンテンツや抽選会などがあり、景品は当たらなかったにも関わらずとても楽しかったです。世界一周コンテストDREAMで同じ学生が夢を語っている瞬間は、特に感動しました。このイベントを通して僕自身も旅に惹かれ、1年後の春に初めて自分の手で航空券を取り海外に旅立つきっかけになりました。

  • 野村紗里

    九州大学

    海外、バックパッカーに漠然とした憧れがあった私にとって、「BackpackFESTA」は名前だけでも、とても魅力的なものでした。当日はとても凝った演出やコンテンツに終始興奮してばかりでした。特に印象的だったのは世界一周コンテストDREAM。ほかのコンテンツは楽しくてワイワイしたものでしたが、DREAMだけは違う雰囲気がありました。会場は静かになり、世界一周の想いを語る挑戦者の真剣な声だけが響きました。大きなステージで夢を語る挑戦者の姿はとても輝いていました。

  • 石川駿介

    拓殖大学

    学生による学生のためのフェスの感じに明るい雰囲気で様々なブースがあり、めちゃくちゃ旅への興味を掻き立てられました。これを学生がやってるんだということにびっくりしたし、単純に凄いなぁと思いました。SNSでよく見ている人や旅の有名人などのゲストの話を間近で聴けるのは本当に有意義な時間でもっとこういうイベントが増えたら良いなと思いました!これがきっかけで残りの学生生活がもっと面白くなり、その後も人生が変わっていく人は多いだろうなと感じました。

BackpackFESTAは、TABIPPOの設立当初、まだ学生団体だった頃から毎年欠かさず開催しているイベントです。旅が大好きなイベント運営スタッフが集い「どうやったら旅に出たくなるか」を毎年考えてイベントを作っています。運営スタッフだけではなく、出演してくださるゲストの方、運営費用を賄って頂いているスポンサーの方を始め、関わる人全てがこの想いを共有し、TABIPPOの理念に共感してできているイベントです。

最初は東京だけで開催していたのが、大阪、福岡と拠点を広げ、今は日本全国9都市で開催をするまでに大きくなりました。昨年からはタイでも開催をしています。過去にイベントにお客さんとして参加した人が、世界一周の旅に出て、次はゲストとして参加したり、運営スタッフとして参加したり、そんな循環が生まれています。

今年のテーマは「旅人になった日」

このBackpackFESTAに参加したその日が、あなたの「旅人になった日」になるように、という想いを込めてこのテーマを設定しました。このイベントを通して、参加して下さったみなさん全員が旅人になり、人生が変わるきっかけを提供できればいいな、と心から願っています。

ぜひ「旅人になる」期待と覚悟を持って、イベントに足を運んで頂ければいいなと思います。

株式会社TABIPPOとは?

世界一周を経験したメンバーだけで学生時代に作った団体が、設立から4年が経ち、2014年4月10日に株式会社となる。
「旅で世界を、もっと素敵に」を理念として、従業員20名、全国400名の学生スタッフを中心に活動している。
旅の野外フェス「旅祭」や、全国9都市で開催される「BackpackFESTA」、年間200回以上開催される「旅大学」などを行いながらも、旅に特化したWEBメディア「TABIPPO.NET」なども運営。他にも、企業のマーケティング支援、旅人のキャリア支援などを行いつつ、旅のものづくりブランド「PAS-POL」を立ち上げ、著書は11冊、累計22万部を突破するなど、旅からブレずに事業を拡大している。
また、「旅するように働き、旅するように生きる」を合言葉に「旅するならいつでも会社を休める」「オフィスでなく好きな場所で仕事をしてよい」などユニークな社内制度とカルチャーを作り、新しい働き方・生き方にも挑戦中。観光庁が主催する「若者旅行を応援する取り組み表彰」にて、日本で初めて2度の奨励賞を受賞した。